オンラインアシスタントを選ぶ時の注意点とは

ネイティブスタッフが日系企業と海外企業とのあいだに入り、ビジネスをサポートしてくれる仕組みが「オンラインアシスタント」です。ただし、自社に合ったオンラインアシスタントを選ばなければ、思うような効果は現れません。この記事では、オンラインアシスタントのサービスを選ぶ際に気をつけたい注意点について解説していきます。

オンラインアシスタントでは何ができるのか?まずはサービスを知ろう

多くのオンラインアシスタントのサービスでは、窓口に連絡するだけで日本企業の専属になってくれます。そして、ネイティブスタッフによるアシスタント業務は多岐に渡ります。ビジネス文書やメールの翻訳や校正はもちろん、市場のリサーチを依頼することも可能です。また、自社だけでなく顧客のサポートも任せられるので、先方とのコミュニケーションを改善して取引や交渉の質を高められます。さらに、メディアの更新を代行してもらえるなど、Web関係でも力を借りられます。海外企業とのやりとりの困っている日本企業にはぴったりのサービスと言えるでしょう。

注意!オンラインアシスタントに仕事を依頼したのに結果が出ないことも

注意点として、自社に合ったオンラインアシスタントを選ばないと思うような結果はついてきません。まず、自社の業務内容を振り返ったうえで「依頼内容」をはっきりさせましょう。顧客とのコミュニケーションや文書作成、Webメディア運用など、何を中心にサポートしてほしいのかがわかっていないとアシスタントを上手く使いこなせないからです。次に、社内がアナログな体制を維持している場合、オンラインアシスタントに任せられる仕事は減ります。デジタルへの移行が進んでいない企業には向いていないと言えるでしょう。

オンラインアシスタントを選ぶ際のポイントとは?

第1に「アシスタントとの意思疎通」です。アシスタントの日本語レベルが不足していると、依頼主とのやりとりに支障をきたしかねません。第2に「業務内容の管理」をはっきりさせることです。アシスタントの労働時間を依頼主側でも共有できる仕組みがあるサービスを選びましょう。さらに「サービスのバリエーション」も重要です。一部の能力に特化しているサービスよりも、「Onsta!」のように、さまざまな業務へと対応できるサービスのほうが役立ちます。

まとめ オンラインアシスタントは慎重に選んで海外との仕事を効率的に

グローバル社会が進む時代において、海外企業と接点を持つことは珍しくなくなってきました。オンラインアシスタントは語学力や現地の情報などを補完するために重要なサービスです。自社に合ったオンラインアシスタントに出会えれば、企業の可能性は広がります。依頼するべき内容を絞り込んだうえで、ぴったりのサービスに相談しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です