よく依頼される海外リサーチ業務ベスト10

グローバル化の進展により、国境を超えた海外リサーチを必要とする企業も多くなりました。自社でリサーチをすることも可能ですが、時間がかかるうえに、リサーチ範囲も限られてしまうため、不効率だと悩む企業も多いのではないでしょうか。今回ここでは、海外リサーチの必要性と、海外リサーチのメリット・デメリットについて解説します。

海外リサーチは、なぜ必要なのか?

なぜ海外リサーチが必要かというと、グローバル社会でビジネスを成功させるためには、海外リサーチは欠かせないからです。企業によって収集したい内容は異なりますが、現地の情報を得ることにより、ビジネスチャンスを掴みやすくなります。

海外リサーチでは、市場や競合企業の動向、現地のトレンドなどさまざまな情報を収集します。企業のなかには、自社で海外リサーチを行うこともありますが、自社で行うと工数が大変なため、市場調査を依頼できる外部のリサーチ会社を利用することも多いでしょう。また、インターネットの普及に伴い、現地在住のオンラインアシスタントを活用して、効率的にリサーチを行う企業も増加傾向にあります。コストを抑えたい企業にとっては、強い味方だと言えます。

海外リサーチのメリット・デメリット

企業における海外リサーチは、グローバル化が進む日本で今後企業が拡大していくために必ず必要になります。自社内で独自にリサーチを行うことも可能ですが、リサーチ会社やオンラインアシスタントを活用するうえで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まず、海外リサーチをすることで、国内からでは把握できない情報を得ることが可能です。特にスピードが求められるトレンド調査においては、現地にいなければ把握できないことも数多くあります。自社のリサーチは、得られる情報が限られることがあるため、リサーチ会社やオンラインアシスタントを活用する企業も多いです。また、販売戦略を立てるためには、日本とは異なる文化を持つ海外の考え方や経済力を理解することが重要になります。その情報を引き出すためには、リサーチ会社やオンラインアシスタントを戦略的に活用することが成功への鍵になるでしょう。

まとめ 海外リサーチには、オンラインアシスタントがおすすめ!

今後企業が拡大していくうえで、海外リサーチは必要不可欠になります。人手不足が大きな問題になっている日本では、外部を巻き込んで効率的に業務を遂行することが大切です。比較的コストを抑えて海外リサーチを依頼できるオンラインアシスタントは、会社にとって有力な人材になり得ます。英語業務に特化したオンラインアシスタントサービスを提供する「Onsta!」なら、海外リサーチにおいてスムーズな対応が期待できるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です