2019年以降の外国人採用動向

海外事業に関係する企業の方たちは、外国人採用動向がどうなっているのか気になりますよね。採用率が高いのかどうかや、日本語のレベルはどうなのかなど、気になることも多くあるでしょう。ここでは、2019年以降の外国人採用動向 について紹介しつつ、オンラインアシスタントサービスとはどのようなものなのかについて解説します。

外国人の採用状況は?

日本の企業における外国人採用状況に関しては、2007年以降、アルバイトとして働く外国人留学生も含めて増加の傾向をたどっているといわれています。これは、2007年から企業の人材採用の際に外国人を採用した場合は届け出るように義務化されたことが原因で、それまで確認されていなかった外国人採用状況について明らかになったことが関係しているのでしょう。これらの情報は、厚生労働省が発表している「外国人雇用状況」の届出状況まとめで確認することができます。また、徐々に増加している外国人労働者ですが、更なる受け入れをおこなうために、今までは認められていなかった外国人の単純労働を認める新しい制度が2019年4月1日に作られました。

その制度で認められる在留資格としては1号と2号の2つに分けることができます。それぞれは、家族帯同の是非、日本語能力、技能によって分かれているのです。1号では家族帯同が認められていませんが、2号では認められているなど、条件にも差があります。しかし、このような条件を満たした人は問題ありませんが、実際に日本で働くことを望む外国人労働者のなかには、日本語高水準な外国人は多くありません。そのため、外国人採用において、日本語でのやり取りがスムーズにできる人材を確保するのは難しいといわれているのが現状です。

https://global-saiyou.com/column/view/24

オンラインアシスタントサービスについて知ろう

このように、日本語高水準な外国人は採用困難であるという現状においては、企業のサポートをしてくれるオンラインアシスタントサービスを利用するのも良いでしょう。オンラインアシスタントサービスは、英語業務に特化しているので、海外での事業を成功させたいという企業にも向いています。ネイティブスタッフに業務を行ってもらうことができますが、企業が業務の要望などを伝える際には、日本人窓口があるのでスムーズに依頼をすることが可能です。また、WEBマーケティングやリサーチ業務をはじめ、翻訳や顧客サポートなどを請け負ってくれるのも特徴となっています。

https://onsta.work

まとめ オンラインアシスタントを利用して海外事業をスムーズにおこなおう

オンラインアシスタントサービスを利用することで、海外事業を行ううえでのサポートをしてもらうことができます。初めて海外で事業を行う方などは、不安なことも多くあるでしょう。専門のネイティブスタッフに業務を依頼することで、簡単に仕事のやり取りができるかもしれません。英語では上手い言い回しができないと悩んでいる方も、ぜひ気軽に利用してみると良いでしょう

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です