海外事業初めての方にお勧め!海外特化したオンラインアシスタント

インターネットを通じて、遠隔で業務をサポートするサービス「オンラインアシスタント」。そのサービスは幅広く、翻訳・営業サポート・マーケティングなど、さまざまな業務を依頼することができます。なかでも、海外へ初めて事業を展開する人にとっては、実用性が高いサービスといえるのではないでしょうか。この記事では、海外に特化したオンラインアシスタントのメリット・デメリットを紹介します。

コストを抑える?オンラインアシスタントのメリット

海外で事業を始めるためには、現地視察やマーケティングなど、さまざまな業務が必要となり現地に足を運ぶ機会が多くなります。こういった業務が多くなると、事業者にとって気になることが出張によるコストです。また、リサーチのため海外サイトで情報を集める際には、英語など外国語の理解が困難なことがあります。翻訳ソフトなどを使っても、わかりづらい翻訳となり、本当に知りたい情報を探し出せません。この場合には、英語などの外国語が堪能な社員が必要となり、新たに雇用するための人材コストもかかってきます。海外事業を始める準備だけのために多くの人材を雇用することは、事業者にとってはできれば避けたいことではないでしょうか。

しかし、オンラインアシスタントでは、海外でのマーケティングやリサーチを任せられるので、出張によるコストを抑えることが可能です。また、英語など外国語の翻訳に長けたスタッフが、外国語を正しく素早く翻訳してくれるので正確な情報を手に入れることができます。オンラインアシスタントを利用することで、人材コストの削減と時間コストの削減というメリットが生まれるのです。

通信環境による不具合?オンラインアシスタントのデメリット

遠隔で業務を任せることができるオンラインアシスタントですが、オンラインであるからこそのデメリットがあります。それは、事業者とアシスタントのどちらかの通信環境が悪いと、スムーズに連絡を取ることが難しくなってしまうことです。もし、時間を争うような大切な業務を依頼していた場合には、取り返しがつかないことになってしまいます。これは、直接会わずに業務を任せる、オンラインアシスタントという形態では避けられないことです。このような事態を招かないためにも、メリット・デメリットを考慮し依頼する業務内容の精査、通信環境整備などのリスク管理も必要となります。

まとめ 英語案件のオンラインアシスタントサービスなら「Onsta!」

海外で事業を始めるには、現地の詳しい状況のリサーチや英語などの正しい翻訳が必要です。オンラインアシスタントを利用することで、海外事業での人材コスト削減や正確な情報入手などメリットが多く期待できます。「Onsta!」は、英語業務を得意とした幅広いサービスを展開するオンラインアシスタントサービスです。英語案件の事業で困っているなら「Onsta!」を選択してみてはどうでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です