何を重視する?オンラインアシスタント各社の比較

主要な業務以外に雑務を多くこなさなければならない企業の場合、オンラインアシスタントを活用すれば人件費削減や本来の業務に集中できるというメリットがあります。とはいえ、海外向けのオンラインアシスタント業務を行っているところはあまり多くありません。そこで、海外向けにオンラインアシスタントを展開しているサービスについて解説します。

各社それぞれのメリットを持つオンラインアシスタント

「HELP YOU」で実際にオンラインアシスタントとして業務を担当する人材の選考には、書類選考からはじまりweb面談や、研修、二次面接まであります。採用されるのは約1%であり、それだけ厳選された優秀な人材がそろっている点が大きなメリットです。また、専門的なスキルを持ったアシスタントがチームで対応するため人材が担保されており、複数の業務を依頼するときは専属のディレクターが手配してくれます。

「CLARY」はオンラインで英語・中国語・ドイツ語など6カ国語というマルチリンガル・アシスタントを受けられる点が大きなメリットです。簡易な翻訳や調べ物など雑務を中心とした業務を依頼できるのはもちろん、海外現地商品のリサーチやスカイプを使った3者間同時通訳など、専門的なスキルを必要とする業務も依頼することができます。

「CASTER BIZ」では、秘書業務や電話・メール対応業務などのほか、データ入力や翻訳、文字おこし、リサーチまで幅広い業務に対応できるのがメリットのひとつです。また、CASTER BIZは名刺や書類のスキャン、ファイリングをはじめとしたオフライン業務も依頼可能なサービスに含まれています。

Onsta!は英語に特化したオンラインアシスタント

各社比較するとそれぞれにメリット・デメリットがありますが、海外向け少数という状況のなかで、特に英語に特化しているのが「Onsta!」です。業務を依頼するときの窓口は日本語でできるため、企業の担当者が語学力に自信がなくても心配ありません。実際の業務は正社員のネイティブスタッフが担当してくれます。また、Onsta!は長年海外向けwebマーケティングをしてきた実績があり、webマーケティングやリサーチ業務に強いというのもメリットです。営業サポートや顧客サポート、翻訳業務などにも対応しており、複数タスクを依頼することもできます。

https://onsta.work/
http://yourclary.com/swp/
https://help-you.me/
https://cast-er.com/
まとめ ネイティブレベルのサポートが必要ならばOnsta!が最適
インターネット環境が整備されたことで、オンラインで業務を担う働き方が浸透してきました。ただ、まだまだ海外向けの業務を依頼できるサービスは少数なのが現実です。しかし、得意分野を持ち、海外向けの業務にも対応可能なサービスはあります。特にネイティブレベルのサポートが必要な場合や、英語に関するマーケティングおよびリサーチ業務を依頼したいならばOnsta!が最適です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です