アメリカでは主流!アシスタントスタッフは東南アジア系が多い理由とは

日本ではあまり馴染みのないオンラインアシスタントですが、ITの本場アメリカではバーチャルアシスタントという名の元に一般的な職業として普及しています。アシスタントスタッフとして働く人も多く、なかでも東南アジア系スタッフが多く存在しています。今回はアメリカのオンラインアシスタント事情を紹介するとともに、何故東南アジア系のスタッフが多いかなどについても紹介します。

アメリカでのオンラインアシスタント事情

日本では終身雇用や年功序列といった雇用形態が当たり前のように浸透していますが、アメリカでは違います。アメリカでは多くの人が自分のスキルや資格、能力を売りにして条件の良い職場を求めて転職を繰り返すスタイルとなっています。そのため、日本よりもフリーランスとして活動している人が多く、インターネットを活用して働いている人も多いのです。アメリカのアシスタント事情ではオンラインアシスタントの需要も高く、IVAA(International Virtual Assistants Association)というオンラインアシスタントの協会も存在し、アシスタントスタッフの教育や周知活動を行っています。

アシスタントスタッフに東南アジア系が多い理由とは?

アメリカではバーチャルアシスタントの名の元にオンラインアシスタントの需要が高くなっていますが、アシスタントスタッフには東南アジア系の人が多くなっています。その理由としては、東南アジアの国には英語圏の国があり、英語を話せる人が多くいるためです。特に、フィリピンはアメリカの植民地になって以来、多くの人がアメリカに出稼ぎに行きました。アメリカの企業にとってもアメリカ人を雇うより東南アジア系の人を雇うほうが人件費は安く済みます。もちろん、東南アジアの人にとっても失業率が高かったり賃金が低かったりする祖国で働くよりも、先進国であるアメリカのほうが安定して収入を得ながら働けるため両者はウィンウィンの関係なのです。

日本における海外向けオンラインアシスタント事業

日本のオンラインアシスタント事業の最大のメリットは、日本にいながら海外のワーカーに仕事を依頼することが可能となることです。具体的にいうと、さまざまな現地リサーチを頼むことができます。何でもインターネットで調べられる時代と思われがちですが、インターネットの情報は必ずしも正しい情報だけではありません。きちんと正確に精査するには、現地に行くか現地をよく知っている人に頼むことが大切なのです。また、オンラインアシスタントを利用すると営業支援や顧客サポート、資料やメールなどの翻訳も可能となります。さらに、これからインターネットなどの発展により、日本の海外向けアシスタント事情も発展していくことでしょう。

まとめ「Onsta!」は海外に向けたアシスタント事業に強い!

日本で海外向け、特に英語圏でのオンラインアシスタントを頼む場合に大切なのが英語業務に特化したアシスタントがいること、そして日本人が窓口にいることです。この2つの条件を兼ね備え、しかも幅広いサービスを提供しているのが「Onsta!」です。長年にわたって海外専門のWEBマーケティングを行ってきている信頼ある会社の新サービスとのことで注目を浴びています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です