越境EC事業の立ち上げに成功する方法

ビジネストレンドとなっている越境EC事業を検討中の企業も多いでしょう。日本でも人気のECモールが海外モールに新たに出店をしたり、越境EC支援サービス企業が登場したりするなど、越境EC市場が右肩上がりに活性化しています。商圏が絞られない、実店舗を運営するよりもコストやハードルが低いなどのメリットがあり注目されていますが、参入に際し知っておくべき注意ポイントもあります。

越境ECとはそもそも一体?メリットは?

そもそも「越境EC」とは、インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引全般を指します。「ECサイト」同様にもインターネットを使った通信販売を意味しますが、越境ECは、母国語ではなく外国語で運営され、自国内でなく世界各国の消費者に向けて販売するという違いがあります。これが新しいビジネスの形として日本でも注目を集めているのです。

ショップ側の越境EC具体的なメリットを以下に3点挙げてみましょう。

  1. 商圏が絞られないので、国境を超えた新規顧客獲得による売上拡大が見込める
  2. 現地での実店舗運営よりも時間的、金銭的コストを抑えられる
  3. 英語で対応することでより多くの地域や国とのビジネスが可能になる

要注意ポイント

①リサーチは必須!

良いことだらけのように思われる越境ECですが、もちろん注意ポイントもあります。通関の手続きから決済方法、発送手段など、すべてを展開先の国のマナーに合わせなければなりません。関連する法律や規制についての最新の知識も必要不可欠になるなど、対象国にフォーカスしたビジネスモデルの構築が必要となります。

そういった海外の情報を知りたいとき、あるいは製品のリサーチが必要なとき、どのような手段で調べるでしょうか。インターネットでwebサイトを閲覧すれば、手っ取り早く海外の情報も容易に知ることができると考えませんか。しかし、そういった情報が本当に正しいのか、信ぴょう性を確認することはできません。海外のwebサイトを閲覧しても、翻訳ソフトや辞書では微妙なニュアンスなどを調べることにも時間がかかります。

このようなときに、翻訳もできるオンラインアシスタントを活用することで、すばやく正しい情報を手に入れることができます。

②言葉の壁は続く?

外国人問い合わせ対応リサーチを経て越境ECショップを開設したら、重要なのはこれからです。越境という言葉の通り、必要となる言語が日本語と英語だけとは限りません。時には、それ以外の言語を用いて海外の企業とやり取りをすることになるでしょう。カスタマー外国人問い合わせへの対応もマストです。

また、前述の通り、相手国の法律や制度についての知識が必要となる場面も出てきます。さらには実際に現地に赴いて最新の情報を得たい、生の声を聞きたいという状況も生じ得ます。そうしたときに、わざわざ外国語や外国の情報に精通した人材を採用したり、海外に社内の人材を派遣したりといった時間的金銭的コストを支払うことなく、スムーズに効率的に目的を達成できるのがオンラインアシスタントなのです。

必要なサービスを見極めることが成功の鍵

外国人問い合わせ対応、正確で迅速な翻訳、的確な製品のリサーチ。これらはどれも越境EC成功の鍵です。そこでおすすめなのが海外専門のwebマーケティングを展開する、株式会社インフォキュービック・ジャパンの新サービス「Onsta!」です。オンラインで気軽に日本人窓口へ業務を依頼するだけで、専門のネイティブスタッフが効率的にサポートしてくれるオンラインアシスタントを活用してみてはいかがでしょうか。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *