オンラインでもある!海外と日本のビジネスマナーのカルチャーショック

日本企業の海外進出に伴うグローバル化により、外国人を採用する企業が多くなってきました。外国人と一緒に働くなかで、ビジネスマナーの違いに驚く人も多いのではないでしょうか。今後さらに外国人の雇用が増えることが予測される企業では、外国人が働きやすい環境づくりが大切だと言えます。ここでは、海外で受け入れられる環境づくりのポイントと注意点について解説します。

日本と海外のビジネスマナーの違いとは?

グローバル化が進む日本では、英語ができる人材が求められています。しかし、人材を雇用するためには多大な費用が発生するため、外国人のオンラインアシスタントを利用する企業が増えてきました。ただ、日本と海外では文化が異なるため、日本では当たり前のビジネスマナーが通用しない場合もあります。まずは、日本と海外のビジネスマナーの違いを理解することが重要でしょう。

ビジネスマナーで最も違いを感じるのは、時間に対しての認識です。特に日本では5分前に行動することが前提となっており、予定時刻の5分前には仕事に取り掛かる準備をし、定刻時間と同時に作業を始めることがマナーになります。しかし、そんな時間に正確な日本人に比べ、外国人は時間にルーズな人が多いです。また、日本ではメールのやり取りで定型文を使用しますが、海外では伝えたい内容を簡潔にまとめることが重要視されるため、定型文は存在しません。日頃、無意識に行なっているビジネスマナーも、海外では該当しない場合があるので注意しましょう。

日本人と外国人が共存する環境づくりのポイントと注意点

外国人の従業員を受け入れるためには、外国人が能力を発揮しやすい環境づくりを目指す必要があります。しかし、外国人を採用したとしても、日本の社員とコミュニケーションを取って業務を進めていかなくてはいけません。そのため、まずは会社での仕事の進め方や価値観を共有することが重要だと言えます。

また、日本人は、その場の空気を読むことに長けているため、あえて口に出さずとも気持ちを汲むことがむずかしくありません。しかし、海外の文化のなかでは、空気を読むといった考え方は一般的ではないため、しっかりと言葉で伝えることが大切です。さらに、日本では当たり前とされている時間厳守の姿勢も、外国人には通用しない場合があります。そのため、海外で受け入れられる環境づくりのポイントと注意点を踏まえたうえで、全員が働きやすい環境を整えることが重要だと言えます。

まとめ ビジネスマナーの違いを踏まえたうえで、オンラインアシスタントを活用しよう!

グローバル化を目指す日本の企業で、外国人を受け入れる企業が増加しています。また、コスト削減により、オンラインアシスタントを活用して、業務を遂行する企業の増加が予想されます。外国人のオンラインアシスタントを探すなら、英語業務に特化したサービスを提供する「Onsta!」がおすすめです。そして、日本と海外ではビジネスマナーに大きな違いがあるため、外国人を受け入れるための環境を整えることが大切だと言えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です