日本語と英語のコンテンツ作成の違いとは?

グローバル化が進んでおり、企業のサイトなども国内向けだけでなく、海外向けのものを作成する必要性が出てくるでしょう。その際、日本語版のサイトをそのまま翻訳する企業も少なくありません。しかし、日本語と英語ではコンテンツ作成のポイントが違います。この記事では、日本語と英語のコンテンツ作成の違い、自社で行うメリットやデメリットについて解説します。

日本語と英語のコンテンツでは何が違うの?

語版のコンテンツを作成する場合、日本語版のサイトをそのまま翻訳してしまうこともあるでしょう。しかし、日本のデザインや流行りと英語トレンドは違いますから、それを踏まえて海外向けにサイトを作ることが重要です。抑えるべきポイントとしては、日本語と英語では求められているデザインが違うということです。まず、日本では文字によって得られる正確な情報を重視する傾向が強いとされています。そのため、企業のコンテンツにおいてはデザイン性や写真の配置などだけではなく、文字情報が目に入りやすい位置に配置されていることが多いのです。

一方、海外では視覚によって得られる情報を重視する傾向があります。日本語サイトのように、文字情報を多く配置するよりも、写真やアイコンといった視覚に訴えるデザインのほうが受け入れやすいのです。そのため、英語版のコンテンツを作成する場合には、文字情報ではなく写真やアイコンなどを多く配置したデザインにするのがポイントです。また、色の感じ方にも違いがあります。代表的な例で言えば紫でしょう。紫はインパクトのある色ですが、日本では暗いイメージを持たれやすく、あまりポジティブな印象を与えません。そのため、企業のサイトなどではあまり使われない色です。しかし、海外では紫は印象に残りやすくポジティブに受け取られます。商品の背景色などに使うことでインパクトを与え印象的に見せるといった効果があります。

このように、日本と海外では、デザインや色の受け取り方が大きく異なるのです。そのため、日本語のコンテンツをそのまま翻訳するのではなく、海外向けにデザインやカラーなどを変えることが重要になります。

自社で英語コンテンツを作成するメリット・デメリット

自社で英語コンテンツを作成するメリットは、費用が安く済むことです。専門業者に頼むと、そのぶんだけ費用がかかります。自社で作成すれば、ほとんど費用は必要ありません。そのため、あまりお金をかけられない場合にはいいでしょう。

デメリットとしては、翻訳や海外向けのデザインなどをしなければいけないため、ある程度の知識が必要なことです。日本語から英語に翻訳するためには、両方の言語に対して深い理解や知識がなければいけません。特に、専門的な知識の必要になるIT用語などでは難易度が跳ね上がります。デザイン面も、海外受けするようなものにする必要があるので、満足できるものが作れない可能性もあるのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です