日本と海外のメールマーケティングの違いとは?

マーケティングの一環としてメールマーケティングはコストが安く済むケースが多く、費用対効果としては非常に優れています。海外へ事業展開しているのであれば、英語トレンドを意識したメールマーケティングを導入してみるとよいでしょう。この記事では、日本と海外のメールマーケティングの違いや抑えるべきポイント、オンラインアシスタントを使って効率よく業務をこなす方法について紹介します。

海外で流行しているメールマーケティングの方法とは

日本のメールマーケティングではHTMLメールを利用する方法が一般的です。しかし、英語トレンドはすでに一歩先を走っており、動画メールを採用するようになっています。ユーザーの読みやすさを重視したうえで、動画によるインパクトで引き付けることを目的とした手法です。動画はそのインパクトもさることながら、たくさんの情報を視覚的に得られるので、文字や画像だけの場合よりも短い時間で多くの情報をユーザーに伝えられます。

アメリカのTextRequest社が調査したところによると、人間は平均で88通ものメールを1日に受信しているというデータもあります。それだけたくさんの情報が飛び交うようになった現代では、短い時間に効率よく情報を伝えるシステムが求められているのです。海外でのメールマーケティングを導入するときは、現地で流行しているトレンドを取り入れることが大切です。

https://ferret-plus.com/7831

自社で海外向けのメールマーケティングを行うメリット・デメリット

メールマーケティングを自社で行うメリットは、コストが安く済むことです。メールマーケティングは自社の顧客へ向けてメールを送信するだけなので、もともとコストは高くありません。しかし、外注すると当然外注費が発生してしまうので、費用対効果としては薄れてしまう可能性もあります。一方で、自社で行うデメリットは「トレンドを意識したメールデザインが取り入れられない可能性がある」「労力がかかる」の2つです。自社だけでメールマーケティングを始めると、専門のマーケティング会社に比べてトレンドの最先端の情報が入らない場合があります。そのため、ユーザーの開封率が悪くなり、マーケティングの効果が低くなってしまうリスクが考えられるでしょう。

また、メールマーケティングは効率のよいマーケティング手法ですが、全く労力がかからないわけではありません。特に、海外に向けて英語のメールを送信するにあたっては、新しい人材の確保や教育に時間や労力がかかるでしょう。そのような問題を解決するために外注するのは有効な方法です。たとえば「Onsta!」は、英語に強いオンラインアシスタント業務をこなす会社です。メールマーケティングだけでなく、英語リスティングの運用代行や海外webデザインチェック調査など、幅広い事業を行っています。海外で事業を行う際に抑えるべきポイントをわかっている会社なので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

まとめ 英語トレンドを取り入れたメールマーケティング!抑えるべきポイントの分かるオンラインアシスタントOnsta!

事業を行うにあたってメールマーケティングの重要性は高まっています。しかし、やみくもに始めても高い効果を得ることは難しいです。海外では英語トレンドを取り入れたメールマーケティングをするべきでしょう。Onsta!は英語に強いオンラインアシスタントで、海外事業を進めるにあたっての抑えるべきポイントを理解している会社です。海外で事業拡大を検討している企業はビジネスパートナーとして検討してみましょう。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です