普通のオンラインアシスタントではない!他社との「Onsta!」の違い

日々業務を行うなかで、主要な業務以外の雑務に時間を取られてしまって困るということもあるでしょう。サポート業務を任せられる人材を新たに雇うことが難しいケースの場合、インターネットを通して人材を確保できるのがオンラインアシスタントです。特に「Onsta!」では、通常のオンラインアシストとは違うメリットもあります。そこで、「Onsta!」の特徴について詳しく説明します。

英語を使った業務に特化したオンラインアシスタント

オンラインアシスタントでは、インターネットを利用して在宅スタッフが秘書業務や経理業務、営業業務のサポート、マーケティング業務などを行ってくれます。そのなかでも「Onsta!」は通常のオンラインアシスタントとは異なり、特に英語に特化したオンラインアシスタントだという点が強みのひとつです。

実際にアシスタント業務を行ってくれるのはネイティブであるため、英語面での心配がありません。それでいて、依頼者がネイティブのスタッフと直接コンタクトを取る必要がなく、日本人窓口が間に入り対応します。仕事の依頼や確認したいことが発生したときの確認などは日本語で行うことができ、スムーズに業務の依頼をすることが可能です。

WEBマーケティングやリサーチに強い!

オンラインアシスタントがカバーする業務は多岐にわたっており、「Onsta!」でも営業支援やサポートなどの業務が担当可能です。また、英語に特化しているため、翻訳および校正業務も依頼することができます。さらに、海外で業務を展開している企業にとっては、世界のトレンドや市場の傾向も把握しておく必要があるでしょう。「Onsta!」はマーケティング業務やリサーチ業務においても英語に特化し、国際的な規模でのマーケティングやリサーチが可能です。

英語でのリスティング運用の代行やSEOの見直しはもちろん、英語のコンテンツをライティングしてもらうこともできます。もし、ネイティブでなければ対応が難しいマーケティングやリサーチの業務に社員自身が悪戦苦闘していれば、時間と手間を取られて主要な業務に差し支えるかもしれません。任せられる業務は「Onsta!」で人材を確保して担当してもらうことで、社員は主要業務に集中することができます。

利用できるプランの多様さもメリットのひとつ

「Onsta!」ではここが一般的なオンラインアシスタントと違う!」というポイントのひとつとして、プランの多様さがあります。どれくらいオンラインアシスタントに業務を依頼したいかについては、企業の事情によってさまざまでしょう。「Onsta!」では、今ある業務をまずはすぐに担当してもらいたいという場合なら、10時間のプランを利用することが可能です。また、今ある業務から少しずつ担当してもらう仕事を広げたいなら、20時間のプランを選ぶこともできます。さらに、複数の業務を依頼する場合は40時間以上のプランを利用することもでき、企業のニーズに合わせてプランを選ぶことができるのがメリットです。

まとめ 優秀な人材をオンラインアシスタントで確保!

ンターネットを使える環境が整ってきたことにより、在宅で働く人が増えています。その結果、企業側としてもオンラインアシスタントで優秀な人材に業務の一端を担ってもらうことができるようになりました。「Onsta!」は、そのなかでも特に英語に特化し、WEBマーケティングやリサーチにも強いサービスです。英語にかかわる業務が多い企業ならば、一度利用してみることを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です