クラウドソーシングとオンラインアシスタントの違い

自分のライフスタイルに合った自由な働き方を選ぶ人が、年々増加傾向にあります。人手不足が大きな問題になっている日本では、クラウドソーシングやオンラインアシスタントを検討している企業も多いのではないでしょうか。ここでは、クラウドソーシングやオンラインアシスタントを活用するにあたりメリット・デメリットを解説します。

クラウドソーシングとは?メリット・デメリットを紹介

ネットを駆使して、不特定多数の人に業務を外注するサービスのことです。働き方が多様化するなかで、ネット環境があればどこにいても仕事ができる時代になりました。基本的にインターネット上でやり取りをするため、直接会ってミーティングをしたり、会社に行って仕事をしたりしなくても作業を行えます。

クラウドソーシングに登録している人は、フリーランスで生計を立てる人も多いです。そのため、翻訳やウェブデザイン、アプリ開発など、専門性の高い仕事を遂行している人も多くいます。クラウドソーシングで働く最大のメリットは、自ら営業をしなくても、数多くある募集から自分の好きな業務を選択できるということです。働く側にとっては、働きやすい環境だと言えるでしょう。

しかし、1件ごとの報酬の相場は高いとは言えません。そのため、数をこなして報酬を上げる必要があります。また、インターネット上で仕事の契約を進めていくので、信頼できるクライアントなのかを判断するのは難しいです。仕事を進める前には、自分で責任を持って仕事内容や報酬金額を確認する必要があります。

オンラインアシスタントとは?メリット・デメリットを紹介

オンラインアシスタントとは、インターネットを利用して、在宅で業務をサポートしてくれる人材サービスのことです。人件費には多大なコストがかかるため、人件費削減のために集中的に仕事が忙しくなる繁忙期などに、オンラインアシスタントを活用する企業が増加しています。基本的にネット環境が整っていれば、日本にとどまらず、海外に在住する日本人や現地の外国人に依頼することが可能です。

グローバル化が進む日本では、海外進出を考える企業も多いでしょう。しかし、海外進出で成功するためには、リアルな現地の情報をもとに戦略を立てることが重要です。また、英語が必要な場面も多いため、ビジネスレベルの英語が使える人材が必要になります。そのため、外国人を雇用するオンラインアシスタントを活用すれば、英語での円滑なコミュニケーションをはじめ、翻訳やリサーチ業務など依頼することが可能です。

ただ、オンラインアシスタントに依頼できる内容は、基本的にインターネットを利用する業務がベースになります。そのため、依頼可能な業務に制限があるため注意が必要です。オンラインアシスタントを使用する場合は、メリット・デメリットを踏まえて依頼しましょう。

それぞれのメリット・デメリットを理解して、有効的に活用しよう!

クラウドソーシングとオンラインアシスタントには、それぞれメリット・デメリットがありますが、基本的にインターネットを活用することに代わりはありません。ネット環境さえ整っていれば、地方や海外に住んでいたとしても、仕事を依頼することが可能です。ただ、クラウドソーシングとオンラインアシスタントでは、依頼できる業務の内容が少し異なるので、仕事内容に合わせて使い分けすることをおすすめします。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *