リサーチ

2019年以降の外国人採用動向

海外事業に関係する企業の方たちは、外国人採用動向がどうなっているのか気になりますよね。採用率が高いのかどうかや、日本語のレベルはどうなのかなど、気になることも多くあるでしょう。ここでは、2019年以降の外国人採用動向 について紹介しつつ、オンラインアシスタントサービスとはどのようなものなのかについて解説します。 外国人の採用状況は? 日本の企業における外国人採用状況に関しては、2007年以降、アルバイトとして働く外国人留学生も含めて増加の傾向をたどっているといわれています。これは、2007年から企業の人材採用の際に外国人を採用した場合は届け出るように義務化されたことが原因で、それまで確認されていなかった外国人採用状況について明らかになったことが関係しているのでしょう。これらの情報は、厚生労働省が発表している「外国人雇用状況」の届出状況まとめで確認することができます。また、徐々に増加している外国人労働者ですが、更なる受け入れをおこなうために、今までは認められていなかった外国人の単純労働を認める新しい制度が2019年4月1日に作られました。 その制度で認められる在留資格としては1号と2号の2つに分けることができます。それぞれは、家族帯同の是非、日本語能力、技能によって分かれているのです。1号では家族帯同が認められていませんが、2号では認められているなど、条件にも差があります。しかし、このような条件を満たした人は問題ありませんが、実際に日本で働くことを望む外国人労働者のなかには、日本語高水準な外国人は多くありません。そのため、外国人採用において、日本語でのやり取りがスムーズにできる人材を確保するのは難しいといわれているのが現状です。 https://global-saiyou.com/column/view/24 オンラインアシスタントサービスについて知ろう このように、日本語高水準な外国人は採用困難であるという現状においては、企業のサポートをしてくれるオンラインアシスタントサービスを利用するのも良いでしょう。オンラインアシスタントサービスは、英語業務に特化しているので、海外での事業を成功させたいという企業にも向いています。ネイティブスタッフに業務を行ってもらうことができますが、企業が業務の要望などを伝える際には、日本人窓口があるのでスムーズに依頼をすることが可能です。また、WEBマーケティングやリサーチ業務をはじめ、翻訳や顧客サポートなどを請け負ってくれるのも特徴となっています。 https://onsta.work まとめ オンラインアシスタントを利用して海外事業をスムーズにおこなおう オンラインアシスタントサービスを利用することで、海外事業を行ううえでのサポートをしてもらうことができます。初めて海外で事業を行う方などは、不安なことも多くあるでしょう。専門のネイティブスタッフに業務を依頼することで、簡単に仕事のやり取りができるかもしれません。英語では上手い言い回しができないと悩んでいる方も、ぜひ気軽に利用してみると良いでしょう

アメリカでは主流!アシスタントスタッフは東南アジア系が多い理由とは

日本ではあまり馴染みのないオンラインアシスタントですが、ITの本場アメリカではバーチャルアシスタントという名の元に一般的な職業として普及しています。アシスタントスタッフとして働く人も多く、なかでも東南アジア系スタッフが多く存在しています。今回はアメリカのオンラインアシスタント事情を紹介するとともに、何故東南アジア系のスタッフが多いかなどについても紹介します。 アメリカでのオンラインアシスタント事情 日本では終身雇用や年功序列といった雇用形態が当たり前のように浸透していますが、アメリカでは違います。アメリカでは多くの人が自分のスキルや資格、能力を売りにして条件の良い職場を求めて転職を繰り返すスタイルとなっています。そのため、日本よりもフリーランスとして活動している人が多く、インターネットを活用して働いている人も多いのです。アメリカのアシスタント事情ではオンラインアシスタントの需要も高く、IVAA(International Virtual Assistants Association)というオンラインアシスタントの協会も存在し、アシスタントスタッフの教育や周知活動を行っています。 アシスタントスタッフに東南アジア系が多い理由とは? アメリカではバーチャルアシスタントの名の元にオンラインアシスタントの需要が高くなっていますが、アシスタントスタッフには東南アジア系の人が多くなっています。その理由としては、東南アジアの国には英語圏の国があり、英語を話せる人が多くいるためです。特に、フィリピンはアメリカの植民地になって以来、多くの人がアメリカに出稼ぎに行きました。アメリカの企業にとってもアメリカ人を雇うより東南アジア系の人を雇うほうが人件費は安く済みます。もちろん、東南アジアの人にとっても失業率が高かったり賃金が低かったりする祖国で働くよりも、先進国であるアメリカのほうが安定して収入を得ながら働けるため両者はウィンウィンの関係なのです。 日本における海外向けオンラインアシスタント事業 日本のオンラインアシスタント事業の最大のメリットは、日本にいながら海外のワーカーに仕事を依頼することが可能となることです。具体的にいうと、さまざまな現地リサーチを頼むことができます。何でもインターネットで調べられる時代と思われがちですが、インターネットの情報は必ずしも正しい情報だけではありません。きちんと正確に精査するには、現地に行くか現地をよく知っている人に頼むことが大切なのです。また、オンラインアシスタントを利用すると営業支援や顧客サポート、資料やメールなどの翻訳も可能となります。さらに、これからインターネットなどの発展により、日本の海外向けアシスタント事情も発展していくことでしょう。 まとめ「Onsta!」は海外に向けたアシスタント事業に強い! 日本で海外向け、特に英語圏でのオンラインアシスタントを頼む場合に大切なのが英語業務に特化したアシスタントがいること、そして日本人が窓口にいることです。この2つの条件を兼ね備え、しかも幅広いサービスを提供しているのが「Onsta!」です。長年にわたって海外専門のWEBマーケティングを行ってきている信頼ある会社の新サービスとのことで注目を浴びています。

よく依頼される海外リサーチ業務ベスト10

グローバル化の進展により、国境を超えた海外リサーチを必要とする企業も多くなりました。自社でリサーチをすることも可能ですが、時間がかかるうえに、リサーチ範囲も限られてしまうため、不効率だと悩む企業も多いのではないでしょうか。今回ここでは、海外リサーチの必要性と、海外リサーチのメリット・デメリットについて解説します。 海外リサーチは、なぜ必要なのか? なぜ海外リサーチが必要かというと、グローバル社会でビジネスを成功させるためには、海外リサーチは欠かせないからです。企業によって収集したい内容は異なりますが、現地の情報を得ることにより、ビジネスチャンスを掴みやすくなります。 海外リサーチでは、市場や競合企業の動向、現地のトレンドなどさまざまな情報を収集します。企業のなかには、自社で海外リサーチを行うこともありますが、自社で行うと工数が大変なため、市場調査を依頼できる外部のリサーチ会社を利用することも多いでしょう。また、インターネットの普及に伴い、現地在住のオンラインアシスタントを活用して、効率的にリサーチを行う企業も増加傾向にあります。コストを抑えたい企業にとっては、強い味方だと言えます。 海外リサーチのメリット・デメリット 企業における海外リサーチは、グローバル化が進む日本で今後企業が拡大していくために必ず必要になります。自社内で独自にリサーチを行うことも可能ですが、リサーチ会社やオンラインアシスタントを活用するうえで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 まず、海外リサーチをすることで、国内からでは把握できない情報を得ることが可能です。特にスピードが求められるトレンド調査においては、現地にいなければ把握できないことも数多くあります。自社のリサーチは、得られる情報が限られることがあるため、リサーチ会社やオンラインアシスタントを活用する企業も多いです。また、販売戦略を立てるためには、日本とは異なる文化を持つ海外の考え方や経済力を理解することが重要になります。その情報を引き出すためには、リサーチ会社やオンラインアシスタントを戦略的に活用することが成功への鍵になるでしょう。 まとめ 海外リサーチには、オンラインアシスタントがおすすめ! 今後企業が拡大していくうえで、海外リサーチは必要不可欠になります。人手不足が大きな問題になっている日本では、外部を巻き込んで効率的に業務を遂行することが大切です。比較的コストを抑えて海外リサーチを依頼できるオンラインアシスタントは、会社にとって有力な人材になり得ます。英語業務に特化したオンラインアシスタントサービスを提供する「Onsta!」なら、海外リサーチにおいてスムーズな対応が期待できるでしょう。

オンラインアシスタントの市場と今後の展開

オンラインアシスタントとは、在宅にて依頼企業の各種業務サポートを行うサービスです。このサービスはインターネットを介して行われますので、遠隔地からでも有能な人材に仕事を手伝ってもらえます。特に海外事業展開をしている企業の方には、英語文書の翻訳であったり、ExcelやPowerPointでの書類作成であったりと、秘書的な仕事がしてもらえることは、とても利便性の高いことではないでしょうか。スタッフを現地に呼ばなくても、業務が遂行できるのですから。 また、オンラインアシスタントは、他にも様々な企業で活用可能です。コンサルティング会社、貿易会社、税務会計事務所、イベント運営会社など多岐にわたって利用例を挙げることができます。仮に貿易会社でのアシスタント活用例を考えてみましょう。アシスタントを1名、月に60時間雇い、週1で打ち合わせを行います。業務内容は電話応対から、各種資料の作成、翻訳、バイリンガルメールの返信などでしょう。必要な時に、必要なだけ。コストパフォーマンスも良く実利的ですね。 総務省が作成した「平成27年版情報通信白書」の中でも、オンラインアシスタントとして働く、田中留依さんが紹介されているほど今や常識となりつつある雇用形態です。オンラインアシスタントは、高い実務能力を持ったスタッフが必要な時だけ働いてくれるプランです。アシスタントの紹介システムは、各オンラインアシスタント会社によって微妙に異なります。しかし、中にはチームでサポート体制を取ってくれるため、仕事の発生状況に応じて、それぞれ得意な分野のアシスタントが働いてくれるタイプもあります。平素からクラウドソーシングを利用している人であれば、イメージしやすいでしょう。 このような形ですと、雇用主は最低限の経費で、一般の事務作業者はもちろん、経理やWebサイトの管理者、翻訳家、さらにはイラストレータまでも抱えることができる、ということになります。そして、ユーザーは本来しなければならない、付加価値の高い仕事に集中することができるのです。 ここまで述べた通り、アウトソーシング(業務の外部委託)の活用が、近年盛んになってきています。現在は多くの企業で何らかの業務を、外へ委託しています。例えばコールセンターなどを外部に一任することなどが挙げられるでしょう。「オンラインアシスタント」自体はまだ聞き慣れない言葉かもしれませんが、つまりはアウトソーシングビジネスと言えます。オンラインアシスタントは、市場ではまだ知られていません。しかし、ここ2年ほどで大分一般の認知度も上がったようです。現在オンラインアシスタントの運営会社「HELP YOU」では、実際にこなせる仕事以上の受注問い合わせがあるとのことです。 国内最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」が調査したデータによると、2016年から2017年にかけて、日本のフリーランスの数はおよそ10%増加しています。また、現在フリーランスではない人にアンケートした結果、「勤務する企業以外で副業をしたい」という人は73%にも上ります。つまり、フリーランス的働き方は今後益々増加する傾向にあると言えるのです。したがって、アウトソーシング市場での働き手も増えていくと見込まれ、外注産業を後押しする環境が整ってきたということになりますね。 業務をアウトソーシングに依頼することは、企業にとってメリットにも直結します。大別して2つのメリットが挙げられるでしょう。1つは「コストダウン」です。従来はコストダウンの為に外部委託する仕事は、特殊な技能や資格を必要としない業務でした。しかし、オンラインアシスタントでは、様々な特技を持ち合わせたスタッフに仕事を外注できますので、技術を持つ従業員をキープしておかなくても、必要に応じて適材を用いることができる利便性があります。 アウトソーシングの、もう1つのメリットとしては「付加価値の獲得」が挙げられます。業務のプロフェッショナルに仕事を依頼することで、業務のプロセス全体を見直せますし、仕事の内容の質自体も向上させることができます。様々な産物が期待できるのも特徴といえるでしょう。 厚生労働省が平成27年に発表した「労働者派遣法改正法の概要」によると、「派遣社員」が「派遣先」で勤務できる期間は原則3年までとなっています。それまで、どんなに派遣先にとって良いスタッフであったとしても、長く居てはもらえない、ということになります。この厳しい流れを受け、企業は「派遣」から「業務委託」へ切り替える動きがあるようです。会社としては、オンラインアシスタントを利用する方が、結果的にコンプライアンス(法令遵守)にも繋がるため、今後さらに発展していく市場ということができるでしょう。 総務省の「平成29年版情報通信白書のポイント」によると、従業員数300人以下の企業について、「テレワーク」を現実に導入していた会社は3.0%です。しかし、今後テレワーク導入可能とする企業は、実に21.4%に上ります。つまりこれらの企業は、テレワーク導入の為の何らかの課題を解決できれば、テレワークへ移行可能という訳です。テレワークを採用可能ということは、その要員をオンラインアシスタントに置き換える余地があるとも言えますね。総務省が平成29年に発表した「業務改革モデルプロジェクト報告書」からは、役所内の業務も委託できるものは、徐々にアウトソーシング化していこうという流れも見て取れます。 最近では、企業の業務効率化の為に「RPAロボット」や「AI」の導入なども模索されているようです。「RPA」とは、ロボットによる業務の自動化を指す言葉です。「AI」もこれに含まれます。「RPA」は、既に工場のラインなどに用いられていますね。それをホワイトカラーの仕事にまで拡大していこうということなのです。「RPA」は人間ではありませんので、間違いも少なく、働き続けてくれるという利点があります。 しかし、事務処理などを任せる場合には、単純作業に近い、繰り返し作業に限られるでしょう。「RPA」は自発的・クリエイティブな行動はできません。したがって、すべてが自動化できる訳ではないのです。ですので、未来においても有能な人材の登用が可能な「オンラインアシスタント」は将来性があり、今後も伸びていく産業ということができるのです。この機会にオンラインアシスタントの導入を検討してみませんか。