一般

オンラインアシスタントサービスとはなにか

アメリカやヨーロッパ諸国では「バーチャルアシスタント」と呼ばれるサービスが、20年ほど前から定着しています。また、アメリカでは、バーチャルアシスタントの協会があり、業務の教育やサービスの周知もおこなわれています。そのため、アメリカやヨーロッパ諸国では、これらサービスが広く浸透され、活用率の高いサービスとなっています。日本でも、人手不足やコストをおさえるため「オンラインアシスタント」という呼び名で、そのサービスが急速にひろがってきています。

オンラインアシスタントの役割とは?

オンラインアシスタントとは、インターネットを通して業務を遠隔サポートするサービスのことです。その役割は多岐に渡り、スケジュール管理や移動手段の手配といった秘書業務や、経理や法律などの専門性を必要とする業務、企業の広報において重要な役目を負うSNS運用業務、そのほか主要な業務を進めるうえで必要となる雑務などを幅広く請け負います。 働き方が見直され始めている今、在宅でそうしたサービスを提供するオンラインアシスタントは徐々に注目を浴び始めている分野です。それでは実際にオンラインアシスタントを活用するとどのようなメリット・デメリットがあるのか、またそれらを踏まえた効果的な活用方法を見ていきましょう。

オンラインアシスタントサービスと人材派遣の違いとは?

オンラインアシスタントは別名バーチャルアシスタントと呼ばれ、欧米を中心に普及しているサービスです。日本ではまだまだ聞き慣れない言葉ですが、働き方改革が急務とされる近年、日本でも注目度があがっています。オンラインアシスタントとはどういったサービスなのでしょうか。本記事では人材派遣との違いや導入のメリット・デメリットを中心に、オンラインアシスタントについて解説します。