一般

普通のオンラインアシスタントではない!他社との「Onsta!」の違い

日々業務を行うなかで、主要な業務以外の雑務に時間を取られてしまって困るということもあるでしょう。サポート業務を任せられる人材を新たに雇うことが難しいケースの場合、インターネットを通して人材を確保できるのがオンラインアシスタントです。特に「Onsta!」では、通常のオンラインアシストとは違うメリットもあります。そこで、「Onsta!」の特徴について詳しく説明します。 英語を使った業務に特化したオンラインアシスタント オンラインアシスタントでは、インターネットを利用して在宅スタッフが秘書業務や経理業務、営業業務のサポート、マーケティング業務などを行ってくれます。そのなかでも「Onsta!」は通常のオンラインアシスタントとは異なり、特に英語に特化したオンラインアシスタントだという点が強みのひとつです。 実際にアシスタント業務を行ってくれるのはネイティブであるため、英語面での心配がありません。それでいて、依頼者がネイティブのスタッフと直接コンタクトを取る必要がなく、日本人窓口が間に入り対応します。仕事の依頼や確認したいことが発生したときの確認などは日本語で行うことができ、スムーズに業務の依頼をすることが可能です。 WEBマーケティングやリサーチに強い! オンラインアシスタントがカバーする業務は多岐にわたっており、「Onsta!」でも営業支援やサポートなどの業務が担当可能です。また、英語に特化しているため、翻訳および校正業務も依頼することができます。さらに、海外で業務を展開している企業にとっては、世界のトレンドや市場の傾向も把握しておく必要があるでしょう。「Onsta!」はマーケティング業務やリサーチ業務においても英語に特化し、国際的な規模でのマーケティングやリサーチが可能です。 英語でのリスティング運用の代行やSEOの見直しはもちろん、英語のコンテンツをライティングしてもらうこともできます。もし、ネイティブでなければ対応が難しいマーケティングやリサーチの業務に社員自身が悪戦苦闘していれば、時間と手間を取られて主要な業務に差し支えるかもしれません。任せられる業務は「Onsta!」で人材を確保して担当してもらうことで、社員は主要業務に集中することができます。 利用できるプランの多様さもメリットのひとつ 「Onsta!」ではここが一般的なオンラインアシスタントと違う!」というポイントのひとつとして、プランの多様さがあります。どれくらいオンラインアシスタントに業務を依頼したいかについては、企業の事情によってさまざまでしょう。「Onsta!」では、今ある業務をまずはすぐに担当してもらいたいという場合なら、10時間のプランを利用することが可能です。また、今ある業務から少しずつ担当してもらう仕事を広げたいなら、20時間のプランを選ぶこともできます。さらに、複数の業務を依頼する場合は40時間以上のプランを利用することもでき、企業のニーズに合わせてプランを選ぶことができるのがメリットです。 まとめ 優秀な人材をオンラインアシスタントで確保! ンターネットを使える環境が整ってきたことにより、在宅で働く人が増えています。その結果、企業側としてもオンラインアシスタントで優秀な人材に業務の一端を担ってもらうことができるようになりました。「Onsta!」は、そのなかでも特に英語に特化し、WEBマーケティングやリサーチにも強いサービスです。英語にかかわる業務が多い企業ならば、一度利用してみることを検討してみてはいかがでしょうか。

オンラインでもある!海外と日本のビジネスマナーのカルチャーショック

日本企業の海外進出に伴うグローバル化により、外国人を採用する企業が多くなってきました。外国人と一緒に働くなかで、ビジネスマナーの違いに驚く人も多いのではないでしょうか。今後さらに外国人の雇用が増えることが予測される企業では、外国人が働きやすい環境づくりが大切だと言えます。ここでは、海外で受け入れられる環境づくりのポイントと注意点について解説します。 日本と海外のビジネスマナーの違いとは? グローバル化が進む日本では、英語ができる人材が求められています。しかし、人材を雇用するためには多大な費用が発生するため、外国人のオンラインアシスタントを利用する企業が増えてきました。ただ、日本と海外では文化が異なるため、日本では当たり前のビジネスマナーが通用しない場合もあります。まずは、日本と海外のビジネスマナーの違いを理解することが重要でしょう。 ビジネスマナーで最も違いを感じるのは、時間に対しての認識です。特に日本では5分前に行動することが前提となっており、予定時刻の5分前には仕事に取り掛かる準備をし、定刻時間と同時に作業を始めることがマナーになります。しかし、そんな時間に正確な日本人に比べ、外国人は時間にルーズな人が多いです。また、日本ではメールのやり取りで定型文を使用しますが、海外では伝えたい内容を簡潔にまとめることが重要視されるため、定型文は存在しません。日頃、無意識に行なっているビジネスマナーも、海外では該当しない場合があるので注意しましょう。 日本人と外国人が共存する環境づくりのポイントと注意点 外国人の従業員を受け入れるためには、外国人が能力を発揮しやすい環境づくりを目指す必要があります。しかし、外国人を採用したとしても、日本の社員とコミュニケーションを取って業務を進めていかなくてはいけません。そのため、まずは会社での仕事の進め方や価値観を共有することが重要だと言えます。 また、日本人は、その場の空気を読むことに長けているため、あえて口に出さずとも気持ちを汲むことがむずかしくありません。しかし、海外の文化のなかでは、空気を読むといった考え方は一般的ではないため、しっかりと言葉で伝えることが大切です。さらに、日本では当たり前とされている時間厳守の姿勢も、外国人には通用しない場合があります。そのため、海外で受け入れられる環境づくりのポイントと注意点を踏まえたうえで、全員が働きやすい環境を整えることが重要だと言えます。 まとめ ビジネスマナーの違いを踏まえたうえで、オンラインアシスタントを活用しよう! グローバル化を目指す日本の企業で、外国人を受け入れる企業が増加しています。また、コスト削減により、オンラインアシスタントを活用して、業務を遂行する企業の増加が予想されます。外国人のオンラインアシスタントを探すなら、英語業務に特化したサービスを提供する「Onsta!」がおすすめです。そして、日本と海外ではビジネスマナーに大きな違いがあるため、外国人を受け入れるための環境を整えることが大切だと言えます。

オンラインアシスタントを選ぶ時の注意点とは

ネイティブスタッフが日系企業と海外企業とのあいだに入り、ビジネスをサポートしてくれる仕組みが「オンラインアシスタント」です。ただし、自社に合ったオンラインアシスタントを選ばなければ、思うような効果は現れません。この記事では、オンラインアシスタントのサービスを選ぶ際に気をつけたい注意点について解説していきます。 オンラインアシスタントでは何ができるのか?まずはサービスを知ろう 多くのオンラインアシスタントのサービスでは、窓口に連絡するだけで日本企業の専属になってくれます。そして、ネイティブスタッフによるアシスタント業務は多岐に渡ります。ビジネス文書やメールの翻訳や校正はもちろん、市場のリサーチを依頼することも可能です。また、自社だけでなく顧客のサポートも任せられるので、先方とのコミュニケーションを改善して取引や交渉の質を高められます。さらに、メディアの更新を代行してもらえるなど、Web関係でも力を借りられます。海外企業とのやりとりの困っている日本企業にはぴったりのサービスと言えるでしょう。 注意!オンラインアシスタントに仕事を依頼したのに結果が出ないことも 注意点として、自社に合ったオンラインアシスタントを選ばないと思うような結果はついてきません。まず、自社の業務内容を振り返ったうえで「依頼内容」をはっきりさせましょう。顧客とのコミュニケーションや文書作成、Webメディア運用など、何を中心にサポートしてほしいのかがわかっていないとアシスタントを上手く使いこなせないからです。次に、社内がアナログな体制を維持している場合、オンラインアシスタントに任せられる仕事は減ります。デジタルへの移行が進んでいない企業には向いていないと言えるでしょう。 オンラインアシスタントを選ぶ際のポイントとは? 第1に「アシスタントとの意思疎通」です。アシスタントの日本語レベルが不足していると、依頼主とのやりとりに支障をきたしかねません。第2に「業務内容の管理」をはっきりさせることです。アシスタントの労働時間を依頼主側でも共有できる仕組みがあるサービスを選びましょう。さらに「サービスのバリエーション」も重要です。一部の能力に特化しているサービスよりも、「Onsta!」のように、さまざまな業務へと対応できるサービスのほうが役立ちます。 まとめ オンラインアシスタントは慎重に選んで海外との仕事を効率的に グローバル社会が進む時代において、海外企業と接点を持つことは珍しくなくなってきました。オンラインアシスタントは語学力や現地の情報などを補完するために重要なサービスです。自社に合ったオンラインアシスタントに出会えれば、企業の可能性は広がります。依頼するべき内容を絞り込んだうえで、ぴったりのサービスに相談しましょう。

海外事業初めての方にお勧め!海外特化したオンラインアシスタント

インターネットを通じて、遠隔で業務をサポートするサービス「オンラインアシスタント」。そのサービスは幅広く、翻訳・営業サポート・マーケティングなど、さまざまな業務を依頼することができます。なかでも、海外へ初めて事業を展開する人にとっては、実用性が高いサービスといえるのではないでしょうか。この記事では、海外に特化したオンラインアシスタントのメリット・デメリットを紹介します。 コストを抑える?オンラインアシスタントのメリット 海外で事業を始めるためには、現地視察やマーケティングなど、さまざまな業務が必要となり現地に足を運ぶ機会が多くなります。こういった業務が多くなると、事業者にとって気になることが出張によるコストです。また、リサーチのため海外サイトで情報を集める際には、英語など外国語の理解が困難なことがあります。翻訳ソフトなどを使っても、わかりづらい翻訳となり、本当に知りたい情報を探し出せません。この場合には、英語などの外国語が堪能な社員が必要となり、新たに雇用するための人材コストもかかってきます。海外事業を始める準備だけのために多くの人材を雇用することは、事業者にとってはできれば避けたいことではないでしょうか。 しかし、オンラインアシスタントでは、海外でのマーケティングやリサーチを任せられるので、出張によるコストを抑えることが可能です。また、英語など外国語の翻訳に長けたスタッフが、外国語を正しく素早く翻訳してくれるので正確な情報を手に入れることができます。オンラインアシスタントを利用することで、人材コストの削減と時間コストの削減というメリットが生まれるのです。 通信環境による不具合?オンラインアシスタントのデメリット 遠隔で業務を任せることができるオンラインアシスタントですが、オンラインであるからこそのデメリットがあります。それは、事業者とアシスタントのどちらかの通信環境が悪いと、スムーズに連絡を取ることが難しくなってしまうことです。もし、時間を争うような大切な業務を依頼していた場合には、取り返しがつかないことになってしまいます。これは、直接会わずに業務を任せる、オンラインアシスタントという形態では避けられないことです。このような事態を招かないためにも、メリット・デメリットを考慮し依頼する業務内容の精査、通信環境整備などのリスク管理も必要となります。 まとめ 英語案件のオンラインアシスタントサービスなら「Onsta!」 海外で事業を始めるには、現地の詳しい状況のリサーチや英語などの正しい翻訳が必要です。オンラインアシスタントを利用することで、海外事業での人材コスト削減や正確な情報入手などメリットが多く期待できます。「Onsta!」は、英語業務を得意とした幅広いサービスを展開するオンラインアシスタントサービスです。英語案件の事業で困っているなら「Onsta!」を選択してみてはどうでしょうか。

何を重視する?オンラインアシスタント各社の比較

主要な業務以外に雑務を多くこなさなければならない企業の場合、オンラインアシスタントを活用すれば人件費削減や本来の業務に集中できるというメリットがあります。とはいえ、海外向けのオンラインアシスタント業務を行っているところはあまり多くありません。そこで、海外向けにオンラインアシスタントを展開しているサービスについて解説します。 各社それぞれのメリットを持つオンラインアシスタント 「HELP YOU」で実際にオンラインアシスタントとして業務を担当する人材の選考には、書類選考からはじまりweb面談や、研修、二次面接まであります。採用されるのは約1%であり、それだけ厳選された優秀な人材がそろっている点が大きなメリットです。また、専門的なスキルを持ったアシスタントがチームで対応するため人材が担保されており、複数の業務を依頼するときは専属のディレクターが手配してくれます。 「CLARY」はオンラインで英語・中国語・ドイツ語など6カ国語というマルチリンガル・アシスタントを受けられる点が大きなメリットです。簡易な翻訳や調べ物など雑務を中心とした業務を依頼できるのはもちろん、海外現地商品のリサーチやスカイプを使った3者間同時通訳など、専門的なスキルを必要とする業務も依頼することができます。 「CASTER BIZ」では、秘書業務や電話・メール対応業務などのほか、データ入力や翻訳、文字おこし、リサーチまで幅広い業務に対応できるのがメリットのひとつです。また、CASTER BIZは名刺や書類のスキャン、ファイリングをはじめとしたオフライン業務も依頼可能なサービスに含まれています。 Onsta!は英語に特化したオンラインアシスタント 各社比較するとそれぞれにメリット・デメリットがありますが、海外向け少数という状況のなかで、特に英語に特化しているのが「Onsta!」です。業務を依頼するときの窓口は日本語でできるため、企業の担当者が語学力に自信がなくても心配ありません。実際の業務は正社員のネイティブスタッフが担当してくれます。また、Onsta!は長年海外向けwebマーケティングをしてきた実績があり、webマーケティングやリサーチ業務に強いというのもメリットです。営業サポートや顧客サポート、翻訳業務などにも対応しており、複数タスクを依頼することもできます。 https://onsta.work/ http://yourclary.com/swp/ https://help-you.me/ https://cast-er.com/ まとめ ネイティブレベルのサポートが必要ならばOnsta!が最適 インターネット環境が整備されたことで、オンラインで業務を担う働き方が浸透してきました。ただ、まだまだ海外向けの業務を依頼できるサービスは少数なのが現実です。しかし、得意分野を持ち、海外向けの業務にも対応可能なサービスはあります。特にネイティブレベルのサポートが必要な場合や、英語に関するマーケティングおよびリサーチ業務を依頼したいならばOnsta!が最適です。

日本と海外のメールマーケティングの違いとは?

マーケティングの一環としてメールマーケティングはコストが安く済むケースが多く、費用対効果としては非常に優れています。海外へ事業展開しているのであれば、英語トレンドを意識したメールマーケティングを導入してみるとよいでしょう。この記事では、日本と海外のメールマーケティングの違いや抑えるべきポイント、オンラインアシスタントを使って効率よく業務をこなす方法について紹介します。 海外で流行しているメールマーケティングの方法とは 日本のメールマーケティングではHTMLメールを利用する方法が一般的です。しかし、英語トレンドはすでに一歩先を走っており、動画メールを採用するようになっています。ユーザーの読みやすさを重視したうえで、動画によるインパクトで引き付けることを目的とした手法です。動画はそのインパクトもさることながら、たくさんの情報を視覚的に得られるので、文字や画像だけの場合よりも短い時間で多くの情報をユーザーに伝えられます。 アメリカのTextRequest社が調査したところによると、人間は平均で88通ものメールを1日に受信しているというデータもあります。それだけたくさんの情報が飛び交うようになった現代では、短い時間に効率よく情報を伝えるシステムが求められているのです。海外でのメールマーケティングを導入するときは、現地で流行しているトレンドを取り入れることが大切です。 https://ferret-plus.com/7831 自社で海外向けのメールマーケティングを行うメリット・デメリット メールマーケティングを自社で行うメリットは、コストが安く済むことです。メールマーケティングは自社の顧客へ向けてメールを送信するだけなので、もともとコストは高くありません。しかし、外注すると当然外注費が発生してしまうので、費用対効果としては薄れてしまう可能性もあります。一方で、自社で行うデメリットは「トレンドを意識したメールデザインが取り入れられない可能性がある」「労力がかかる」の2つです。自社だけでメールマーケティングを始めると、専門のマーケティング会社に比べてトレンドの最先端の情報が入らない場合があります。そのため、ユーザーの開封率が悪くなり、マーケティングの効果が低くなってしまうリスクが考えられるでしょう。 また、メールマーケティングは効率のよいマーケティング手法ですが、全く労力がかからないわけではありません。特に、海外に向けて英語のメールを送信するにあたっては、新しい人材の確保や教育に時間や労力がかかるでしょう。そのような問題を解決するために外注するのは有効な方法です。たとえば「Onsta!」は、英語に強いオンラインアシスタント業務をこなす会社です。メールマーケティングだけでなく、英語リスティングの運用代行や海外webデザインチェック調査など、幅広い事業を行っています。海外で事業を行う際に抑えるべきポイントをわかっている会社なので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。 まとめ 英語トレンドを取り入れたメールマーケティング!抑えるべきポイントの分かるオンラインアシスタントOnsta! 事業を行うにあたってメールマーケティングの重要性は高まっています。しかし、やみくもに始めても高い効果を得ることは難しいです。海外では英語トレンドを取り入れたメールマーケティングをするべきでしょう。Onsta!は英語に強いオンラインアシスタントで、海外事業を進めるにあたっての抑えるべきポイントを理解している会社です。海外で事業拡大を検討している企業はビジネスパートナーとして検討してみましょう。  

日本語と英語のコンテンツ作成の違いとは?

グローバル化が進んでおり、企業のサイトなども国内向けだけでなく、海外向けのものを作成する必要性が出てくるでしょう。その際、日本語版のサイトをそのまま翻訳する企業も少なくありません。しかし、日本語と英語ではコンテンツ作成のポイントが違います。この記事では、日本語と英語のコンテンツ作成の違い、自社で行うメリットやデメリットについて解説します。 日本語と英語のコンテンツでは何が違うの? 語版のコンテンツを作成する場合、日本語版のサイトをそのまま翻訳してしまうこともあるでしょう。しかし、日本のデザインや流行りと英語トレンドは違いますから、それを踏まえて海外向けにサイトを作ることが重要です。抑えるべきポイントとしては、日本語と英語では求められているデザインが違うということです。まず、日本では文字によって得られる正確な情報を重視する傾向が強いとされています。そのため、企業のコンテンツにおいてはデザイン性や写真の配置などだけではなく、文字情報が目に入りやすい位置に配置されていることが多いのです。 一方、海外では視覚によって得られる情報を重視する傾向があります。日本語サイトのように、文字情報を多く配置するよりも、写真やアイコンといった視覚に訴えるデザインのほうが受け入れやすいのです。そのため、英語版のコンテンツを作成する場合には、文字情報ではなく写真やアイコンなどを多く配置したデザインにするのがポイントです。また、色の感じ方にも違いがあります。代表的な例で言えば紫でしょう。紫はインパクトのある色ですが、日本では暗いイメージを持たれやすく、あまりポジティブな印象を与えません。そのため、企業のサイトなどではあまり使われない色です。しかし、海外では紫は印象に残りやすくポジティブに受け取られます。商品の背景色などに使うことでインパクトを与え印象的に見せるといった効果があります。 このように、日本と海外では、デザインや色の受け取り方が大きく異なるのです。そのため、日本語のコンテンツをそのまま翻訳するのではなく、海外向けにデザインやカラーなどを変えることが重要になります。 自社で英語コンテンツを作成するメリット・デメリット 自社で英語コンテンツを作成するメリットは、費用が安く済むことです。専門業者に頼むと、そのぶんだけ費用がかかります。自社で作成すれば、ほとんど費用は必要ありません。そのため、あまりお金をかけられない場合にはいいでしょう。 デメリットとしては、翻訳や海外向けのデザインなどをしなければいけないため、ある程度の知識が必要なことです。日本語から英語に翻訳するためには、両方の言語に対して深い理解や知識がなければいけません。特に、専門的な知識の必要になるIT用語などでは難易度が跳ね上がります。デザイン面も、海外受けするようなものにする必要があるので、満足できるものが作れない可能性もあるのです。

越境EC事業の立ち上げに成功する方法

ビジネストレンドとなっている越境EC事業を検討中の企業も多いでしょう。日本でも人気のECモールが海外モールに新たに出店をしたり、越境EC支援サービス企業が登場したりするなど、越境EC市場が右肩上がりに活性化しています。商圏が絞られない、実店舗を運営するよりもコストやハードルが低いなどのメリットがあり注目されていますが、参入に際し知っておくべき注意ポイントもあります。 越境ECとはそもそも一体?メリットは? そもそも「越境EC」とは、インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引全般を指します。「ECサイト」同様にもインターネットを使った通信販売を意味しますが、越境ECは、母国語ではなく外国語で運営され、自国内でなく世界各国の消費者に向けて販売するという違いがあります。これが新しいビジネスの形として日本でも注目を集めているのです。 ショップ側の越境EC具体的なメリットを以下に3点挙げてみましょう。 商圏が絞られないので、国境を超えた新規顧客獲得による売上拡大が見込める 現地での実店舗運営よりも時間的、金銭的コストを抑えられる 英語で対応することでより多くの地域や国とのビジネスが可能になる 要注意ポイント ①リサーチは必須! 良いことだらけのように思われる越境ECですが、もちろん注意ポイントもあります。通関の手続きから決済方法、発送手段など、すべてを展開先の国のマナーに合わせなければなりません。関連する法律や規制についての最新の知識も必要不可欠になるなど、対象国にフォーカスしたビジネスモデルの構築が必要となります。 そういった海外の情報を知りたいとき、あるいは製品のリサーチが必要なとき、どのような手段で調べるでしょうか。インターネットでwebサイトを閲覧すれば、手っ取り早く海外の情報も容易に知ることができると考えませんか。しかし、そういった情報が本当に正しいのか、信ぴょう性を確認することはできません。海外のwebサイトを閲覧しても、翻訳ソフトや辞書では微妙なニュアンスなどを調べることにも時間がかかります。 このようなときに、翻訳もできるオンラインアシスタントを活用することで、すばやく正しい情報を手に入れることができます。 ②言葉の壁は続く? 外国人問い合わせ対応リサーチを経て越境ECショップを開設したら、重要なのはこれからです。越境という言葉の通り、必要となる言語が日本語と英語だけとは限りません。時には、それ以外の言語を用いて海外の企業とやり取りをすることになるでしょう。カスタマー外国人問い合わせへの対応もマストです。 また、前述の通り、相手国の法律や制度についての知識が必要となる場面も出てきます。さらには実際に現地に赴いて最新の情報を得たい、生の声を聞きたいという状況も生じ得ます。そうしたときに、わざわざ外国語や外国の情報に精通した人材を採用したり、海外に社内の人材を派遣したりといった時間的金銭的コストを支払うことなく、スムーズに効率的に目的を達成できるのがオンラインアシスタントなのです。 必要なサービスを見極めることが成功の鍵 外国人問い合わせ対応、正確で迅速な翻訳、的確な製品のリサーチ。これらはどれも越境EC成功の鍵です。そこでおすすめなのが海外専門のwebマーケティングを展開する、株式会社インフォキュービック・ジャパンの新サービス「Onsta!」です。オンラインで気軽に日本人窓口へ業務を依頼するだけで、専門のネイティブスタッフが効率的にサポートしてくれるオンラインアシスタントを活用してみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングとオンラインアシスタントの違い

自分のライフスタイルに合った自由な働き方を選ぶ人が、年々増加傾向にあります。人手不足が大きな問題になっている日本では、クラウドソーシングやオンラインアシスタントを検討している企業も多いのではないでしょうか。ここでは、クラウドソーシングやオンラインアシスタントを活用するにあたりメリット・デメリットを解説します。 クラウドソーシングとは?メリット・デメリットを紹介 ネットを駆使して、不特定多数の人に業務を外注するサービスのことです。働き方が多様化するなかで、ネット環境があればどこにいても仕事ができる時代になりました。基本的にインターネット上でやり取りをするため、直接会ってミーティングをしたり、会社に行って仕事をしたりしなくても作業を行えます。 クラウドソーシングに登録している人は、フリーランスで生計を立てる人も多いです。そのため、翻訳やウェブデザイン、アプリ開発など、専門性の高い仕事を遂行している人も多くいます。クラウドソーシングで働く最大のメリットは、自ら営業をしなくても、数多くある募集から自分の好きな業務を選択できるということです。働く側にとっては、働きやすい環境だと言えるでしょう。 しかし、1件ごとの報酬の相場は高いとは言えません。そのため、数をこなして報酬を上げる必要があります。また、インターネット上で仕事の契約を進めていくので、信頼できるクライアントなのかを判断するのは難しいです。仕事を進める前には、自分で責任を持って仕事内容や報酬金額を確認する必要があります。 オンラインアシスタントとは?メリット・デメリットを紹介 オンラインアシスタントとは、インターネットを利用して、在宅で業務をサポートしてくれる人材サービスのことです。人件費には多大なコストがかかるため、人件費削減のために集中的に仕事が忙しくなる繁忙期などに、オンラインアシスタントを活用する企業が増加しています。基本的にネット環境が整っていれば、日本にとどまらず、海外に在住する日本人や現地の外国人に依頼することが可能です。 グローバル化が進む日本では、海外進出を考える企業も多いでしょう。しかし、海外進出で成功するためには、リアルな現地の情報をもとに戦略を立てることが重要です。また、英語が必要な場面も多いため、ビジネスレベルの英語が使える人材が必要になります。そのため、外国人を雇用するオンラインアシスタントを活用すれば、英語での円滑なコミュニケーションをはじめ、翻訳やリサーチ業務など依頼することが可能です。 ただ、オンラインアシスタントに依頼できる内容は、基本的にインターネットを利用する業務がベースになります。そのため、依頼可能な業務に制限があるため注意が必要です。オンラインアシスタントを使用する場合は、メリット・デメリットを踏まえて依頼しましょう。 それぞれのメリット・デメリットを理解して、有効的に活用しよう! クラウドソーシングとオンラインアシスタントには、それぞれメリット・デメリットがありますが、基本的にインターネットを活用することに代わりはありません。ネット環境さえ整っていれば、地方や海外に住んでいたとしても、仕事を依頼することが可能です。ただ、クラウドソーシングとオンラインアシスタントでは、依頼できる業務の内容が少し異なるので、仕事内容に合わせて使い分けすることをおすすめします。

誰がその仕事をする?オンラインで簡単に業務依頼する方法とは?

海外事業を展開する会社では、英語の業務が発生することがあります。しかし、その都度英語が堪能なスタッフを採用するのは難しいでしょう。そんな問題を英語専門のオンラインアシスタントサービス「Onsta !」を利用すれば、日本語で対応可能なメインアシスタントが、英語で仕事ができるスタッフチームをまとめて業務を完了します。「Onsta !」への業務依頼に必要な要素、スムーズに依頼するコツなどについて詳しく見ていきましょう。 営業支援やWEB上のサポート業務はお任せ!必要な業務を必要なときに依頼できる! 「Onsta !」は、英語で業務が発生したときにスポットで業務を依頼することが可能です。たとえば、営業のサポート、マーケティング関連の資料を翻訳して作成、顧客リストの作成など、それぞれの業務のなかで英語が必要なときなどに依頼することができます。また、英語が必要な顧客サポートのなかには、電話やメールのやりとり、オンラインチャットでの問い合わせ対応などの業務が発生することもあるでしょう。 これらの業務はスポットで発生したり、ある程度継続して依頼したい業務であったりします。効率的にオンラインアシスタントを活用するには、まず業務依頼には何が必要か、どれくらいの業務量があるのか、期間はどれくらいかなどを、事前にしっかり把握しておくことが大切です。依頼したい業務の全体像を確認しておくことが、オンラインアシスタントにスムーズに依頼するコツと言えるでしょう。 英語のWEBマーケティングが必要?オンラインアシスタントに相談! 「Onsta !」では、英語での業務サポートのみにとどまらず、より専門的な業務を依頼することもできます。たとえば、WEBマーケティング分野では、市場シェアの調査、海外のトレンドWEBデザインの調査、英語のWEBコンテンツのライティング業務、英語でのSEOの見直し業務など、幅広い分野での業務の依頼を検討できるでしょう。SNS上の広告の運用代行も可能です。 英語がネイティブで、このようなマーケティング関連の知識を持つ人材を自社で採用するのは難しい可能性があるでしょう。オンラインアシスタントでは「英語+マーケティング関連業務」に強いことが特徴として挙げられますので、安心して依頼できます。 オンラインアシスタントの業務依頼には何が必要か?スムーズに依頼するコツは? オンラインアシスタントサービス「Onsta !」は英語に特化したサービスを提供しています。業務依頼に必要なことを確認したり、スムーズに依頼するコツを確認したりするには無料体験プランを試してみるとよいでしょう。英語がネイティブのスタッフが依頼された業務を完了します。仕事の依頼は日本語でできるため、きめ細かな指示が可能であり、またコミュニケーション上の行き違いも少ないと言えるでしょう。 豊富なプランから選択可能!自社でベストなサービスをチョイス 英語専門のオンラインアシスタントサービス「Onsta !」はさまざまな料金プランがありますが「とにかくどのような流れなのか、まずは知りたい」というときは、無料体験プランがあるので試してみるとよいでしょう。無料体験プランで実際の運用方法を確認したあとは、1カ月あたり10時間、20時間、40時間のプランから適したサービスを選べます。依頼後は、最短3日で業務を開始することが可能なので「すぐにでも仕事を依頼したい」というニーズにも応えてくれるでしょう。