越境EC事業の立ち上げに成功する方法

ビジネストレンドとなっている越境EC事業を検討中の企業も多いでしょう。日本でも人気のECモールが海外モールに新たに出店をしたり、越境EC支援サービス企業が登場したりするなど、越境EC市場が右肩上がりに活性化しています。商圏が絞られない、実店舗を運営するよりもコストやハードルが低いなどのメリットがあり注目されていますが、参入に際し知っておくべき注意ポイントもあります。 越境ECとはそもそも一体?メリットは? そもそも「越境EC」とは、インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引全般を指します。「ECサイト」同様にもインターネットを使った通信販売を意味しますが、越境ECは、母国語ではなく外国語で運営され、自国内でなく世界各国の消費者に向けて販売するという違いがあります。これが新しいビジネスの形として日本でも注目を集めているのです。 ショップ側の越境EC具体的なメリットを以下に3点挙げてみましょう。 商圏が絞られないので、国境を超えた新規顧客獲得による売上拡大が見込める 現地での実店舗運営よりも時間的、金銭的コストを抑えられる 英語で対応することでより多くの地域や国とのビジネスが可能になる 要注意ポイント ①リサーチは必須! 良いことだらけのように思われる越境ECですが、もちろん注意ポイントもあります。通関の手続きから決済方法、発送手段など、すべてを展開先の国のマナーに合わせなければなりません。関連する法律や規制についての最新の知識も必要不可欠になるなど、対象国にフォーカスしたビジネスモデルの構築が必要となります。 そういった海外の情報を知りたいとき、あるいは製品のリサーチが必要なとき、どのような手段で調べるでしょうか。インターネットでwebサイトを閲覧すれば、手っ取り早く海外の情報も容易に知ることができると考えませんか。しかし、そういった情報が本当に正しいのか、信ぴょう性を確認することはできません。海外のwebサイトを閲覧しても、翻訳ソフトや辞書では微妙なニュアンスなどを調べることにも時間がかかります。 このようなときに、翻訳もできるオンラインアシスタントを活用することで、すばやく正しい情報を手に入れることができます。 ②言葉の壁は続く? 外国人問い合わせ対応リサーチを経て越境ECショップを開設したら、重要なのはこれからです。越境という言葉の通り、必要となる言語が日本語と英語だけとは限りません。時には、それ以外の言語を用いて海外の企業とやり取りをすることになるでしょう。カスタマー外国人問い合わせへの対応もマストです。 また、前述の通り、相手国の法律や制度についての知識が必要となる場面も出てきます。さらには実際に現地に赴いて最新の情報を得たい、生の声を聞きたいという状況も生じ得ます。そうしたときに、わざわざ外国語や外国の情報に精通した人材を採用したり、海外に社内の人材を派遣したりといった時間的金銭的コストを支払うことなく、スムーズに効率的に目的を達成できるのがオンラインアシスタントなのです。 必要なサービスを見極めることが成功の鍵 外国人問い合わせ対応、正確で迅速な翻訳、的確な製品のリサーチ。これらはどれも越境EC成功の鍵です。そこでおすすめなのが海外専門のwebマーケティングを展開する、株式会社インフォキュービック・ジャパンの新サービス「Onsta!」です。オンラインで気軽に日本人窓口へ業務を依頼するだけで、専門のネイティブスタッフが効率的にサポートしてくれるオンラインアシスタントを活用してみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングとオンラインアシスタントの違い

自分のライフスタイルに合った自由な働き方を選ぶ人が、年々増加傾向にあります。人手不足が大きな問題になっている日本では、クラウドソーシングやオンラインアシスタントを検討している企業も多いのではないでしょうか。ここでは、クラウドソーシングやオンラインアシスタントを活用するにあたりメリット・デメリットを解説します。 クラウドソーシングとは?メリット・デメリットを紹介 ネットを駆使して、不特定多数の人に業務を外注するサービスのことです。働き方が多様化するなかで、ネット環境があればどこにいても仕事ができる時代になりました。基本的にインターネット上でやり取りをするため、直接会ってミーティングをしたり、会社に行って仕事をしたりしなくても作業を行えます。 クラウドソーシングに登録している人は、フリーランスで生計を立てる人も多いです。そのため、翻訳やウェブデザイン、アプリ開発など、専門性の高い仕事を遂行している人も多くいます。クラウドソーシングで働く最大のメリットは、自ら営業をしなくても、数多くある募集から自分の好きな業務を選択できるということです。働く側にとっては、働きやすい環境だと言えるでしょう。 しかし、1件ごとの報酬の相場は高いとは言えません。そのため、数をこなして報酬を上げる必要があります。また、インターネット上で仕事の契約を進めていくので、信頼できるクライアントなのかを判断するのは難しいです。仕事を進める前には、自分で責任を持って仕事内容や報酬金額を確認する必要があります。 オンラインアシスタントとは?メリット・デメリットを紹介 オンラインアシスタントとは、インターネットを利用して、在宅で業務をサポートしてくれる人材サービスのことです。人件費には多大なコストがかかるため、人件費削減のために集中的に仕事が忙しくなる繁忙期などに、オンラインアシスタントを活用する企業が増加しています。基本的にネット環境が整っていれば、日本にとどまらず、海外に在住する日本人や現地の外国人に依頼することが可能です。 グローバル化が進む日本では、海外進出を考える企業も多いでしょう。しかし、海外進出で成功するためには、リアルな現地の情報をもとに戦略を立てることが重要です。また、英語が必要な場面も多いため、ビジネスレベルの英語が使える人材が必要になります。そのため、外国人を雇用するオンラインアシスタントを活用すれば、英語での円滑なコミュニケーションをはじめ、翻訳やリサーチ業務など依頼することが可能です。 ただ、オンラインアシスタントに依頼できる内容は、基本的にインターネットを利用する業務がベースになります。そのため、依頼可能な業務に制限があるため注意が必要です。オンラインアシスタントを使用する場合は、メリット・デメリットを踏まえて依頼しましょう。 それぞれのメリット・デメリットを理解して、有効的に活用しよう! クラウドソーシングとオンラインアシスタントには、それぞれメリット・デメリットがありますが、基本的にインターネットを活用することに代わりはありません。ネット環境さえ整っていれば、地方や海外に住んでいたとしても、仕事を依頼することが可能です。ただ、クラウドソーシングとオンラインアシスタントでは、依頼できる業務の内容が少し異なるので、仕事内容に合わせて使い分けすることをおすすめします。

誰がその仕事をする?オンラインで簡単に業務依頼する方法とは?

海外事業を展開する会社では、英語の業務が発生することがあります。しかし、その都度英語が堪能なスタッフを採用するのは難しいでしょう。そんな問題を英語専門のオンラインアシスタントサービス「Onsta !」を利用すれば、日本語で対応可能なメインアシスタントが、英語で仕事ができるスタッフチームをまとめて業務を完了します。「Onsta !」への業務依頼に必要な要素、スムーズに依頼するコツなどについて詳しく見ていきましょう。 営業支援やWEB上のサポート業務はお任せ!必要な業務を必要なときに依頼できる! 「Onsta !」は、英語で業務が発生したときにスポットで業務を依頼することが可能です。たとえば、営業のサポート、マーケティング関連の資料を翻訳して作成、顧客リストの作成など、それぞれの業務のなかで英語が必要なときなどに依頼することができます。また、英語が必要な顧客サポートのなかには、電話やメールのやりとり、オンラインチャットでの問い合わせ対応などの業務が発生することもあるでしょう。 これらの業務はスポットで発生したり、ある程度継続して依頼したい業務であったりします。効率的にオンラインアシスタントを活用するには、まず業務依頼には何が必要か、どれくらいの業務量があるのか、期間はどれくらいかなどを、事前にしっかり把握しておくことが大切です。依頼したい業務の全体像を確認しておくことが、オンラインアシスタントにスムーズに依頼するコツと言えるでしょう。 英語のWEBマーケティングが必要?オンラインアシスタントに相談! 「Onsta !」では、英語での業務サポートのみにとどまらず、より専門的な業務を依頼することもできます。たとえば、WEBマーケティング分野では、市場シェアの調査、海外のトレンドWEBデザインの調査、英語のWEBコンテンツのライティング業務、英語でのSEOの見直し業務など、幅広い分野での業務の依頼を検討できるでしょう。SNS上の広告の運用代行も可能です。 英語がネイティブで、このようなマーケティング関連の知識を持つ人材を自社で採用するのは難しい可能性があるでしょう。オンラインアシスタントでは「英語+マーケティング関連業務」に強いことが特徴として挙げられますので、安心して依頼できます。 オンラインアシスタントの業務依頼には何が必要か?スムーズに依頼するコツは? オンラインアシスタントサービス「Onsta !」は英語に特化したサービスを提供しています。業務依頼に必要なことを確認したり、スムーズに依頼するコツを確認したりするには無料体験プランを試してみるとよいでしょう。英語がネイティブのスタッフが依頼された業務を完了します。仕事の依頼は日本語でできるため、きめ細かな指示が可能であり、またコミュニケーション上の行き違いも少ないと言えるでしょう。 豊富なプランから選択可能!自社でベストなサービスをチョイス 英語専門のオンラインアシスタントサービス「Onsta !」はさまざまな料金プランがありますが「とにかくどのような流れなのか、まずは知りたい」というときは、無料体験プランがあるので試してみるとよいでしょう。無料体験プランで実際の運用方法を確認したあとは、1カ月あたり10時間、20時間、40時間のプランから適したサービスを選べます。依頼後は、最短3日で業務を開始することが可能なので「すぐにでも仕事を依頼したい」というニーズにも応えてくれるでしょう。

オンラインアシスタントの市場と今後の展開

オンラインアシスタントとは、在宅にて依頼企業の各種業務サポートを行うサービスです。このサービスはインターネットを介して行われますので、遠隔地からでも有能な人材に仕事を手伝ってもらえます。特に海外事業展開をしている企業の方には、英語文書の翻訳であったり、ExcelやPowerPointでの書類作成であったりと、秘書的な仕事がしてもらえることは、とても利便性の高いことではないでしょうか。スタッフを現地に呼ばなくても、業務が遂行できるのですから。 また、オンラインアシスタントは、他にも様々な企業で活用可能です。コンサルティング会社、貿易会社、税務会計事務所、イベント運営会社など多岐にわたって利用例を挙げることができます。仮に貿易会社でのアシスタント活用例を考えてみましょう。アシスタントを1名、月に60時間雇い、週1で打ち合わせを行います。業務内容は電話応対から、各種資料の作成、翻訳、バイリンガルメールの返信などでしょう。必要な時に、必要なだけ。コストパフォーマンスも良く実利的ですね。 総務省が作成した「平成27年版情報通信白書」の中でも、オンラインアシスタントとして働く、田中留依さんが紹介されているほど今や常識となりつつある雇用形態です。オンラインアシスタントは、高い実務能力を持ったスタッフが必要な時だけ働いてくれるプランです。アシスタントの紹介システムは、各オンラインアシスタント会社によって微妙に異なります。しかし、中にはチームでサポート体制を取ってくれるため、仕事の発生状況に応じて、それぞれ得意な分野のアシスタントが働いてくれるタイプもあります。平素からクラウドソーシングを利用している人であれば、イメージしやすいでしょう。 このような形ですと、雇用主は最低限の経費で、一般の事務作業者はもちろん、経理やWebサイトの管理者、翻訳家、さらにはイラストレータまでも抱えることができる、ということになります。そして、ユーザーは本来しなければならない、付加価値の高い仕事に集中することができるのです。 ここまで述べた通り、アウトソーシング(業務の外部委託)の活用が、近年盛んになってきています。現在は多くの企業で何らかの業務を、外へ委託しています。例えばコールセンターなどを外部に一任することなどが挙げられるでしょう。「オンラインアシスタント」自体はまだ聞き慣れない言葉かもしれませんが、つまりはアウトソーシングビジネスと言えます。オンラインアシスタントは、市場ではまだ知られていません。しかし、ここ2年ほどで大分一般の認知度も上がったようです。現在オンラインアシスタントの運営会社「HELP YOU」では、実際にこなせる仕事以上の受注問い合わせがあるとのことです。 国内最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」が調査したデータによると、2016年から2017年にかけて、日本のフリーランスの数はおよそ10%増加しています。また、現在フリーランスではない人にアンケートした結果、「勤務する企業以外で副業をしたい」という人は73%にも上ります。つまり、フリーランス的働き方は今後益々増加する傾向にあると言えるのです。したがって、アウトソーシング市場での働き手も増えていくと見込まれ、外注産業を後押しする環境が整ってきたということになりますね。 業務をアウトソーシングに依頼することは、企業にとってメリットにも直結します。大別して2つのメリットが挙げられるでしょう。1つは「コストダウン」です。従来はコストダウンの為に外部委託する仕事は、特殊な技能や資格を必要としない業務でした。しかし、オンラインアシスタントでは、様々な特技を持ち合わせたスタッフに仕事を外注できますので、技術を持つ従業員をキープしておかなくても、必要に応じて適材を用いることができる利便性があります。 アウトソーシングの、もう1つのメリットとしては「付加価値の獲得」が挙げられます。業務のプロフェッショナルに仕事を依頼することで、業務のプロセス全体を見直せますし、仕事の内容の質自体も向上させることができます。様々な産物が期待できるのも特徴といえるでしょう。 厚生労働省が平成27年に発表した「労働者派遣法改正法の概要」によると、「派遣社員」が「派遣先」で勤務できる期間は原則3年までとなっています。それまで、どんなに派遣先にとって良いスタッフであったとしても、長く居てはもらえない、ということになります。この厳しい流れを受け、企業は「派遣」から「業務委託」へ切り替える動きがあるようです。会社としては、オンラインアシスタントを利用する方が、結果的にコンプライアンス(法令遵守)にも繋がるため、今後さらに発展していく市場ということができるでしょう。 総務省の「平成29年版情報通信白書のポイント」によると、従業員数300人以下の企業について、「テレワーク」を現実に導入していた会社は3.0%です。しかし、今後テレワーク導入可能とする企業は、実に21.4%に上ります。つまりこれらの企業は、テレワーク導入の為の何らかの課題を解決できれば、テレワークへ移行可能という訳です。テレワークを採用可能ということは、その要員をオンラインアシスタントに置き換える余地があるとも言えますね。総務省が平成29年に発表した「業務改革モデルプロジェクト報告書」からは、役所内の業務も委託できるものは、徐々にアウトソーシング化していこうという流れも見て取れます。 最近では、企業の業務効率化の為に「RPAロボット」や「AI」の導入なども模索されているようです。「RPA」とは、ロボットによる業務の自動化を指す言葉です。「AI」もこれに含まれます。「RPA」は、既に工場のラインなどに用いられていますね。それをホワイトカラーの仕事にまで拡大していこうということなのです。「RPA」は人間ではありませんので、間違いも少なく、働き続けてくれるという利点があります。 しかし、事務処理などを任せる場合には、単純作業に近い、繰り返し作業に限られるでしょう。「RPA」は自発的・クリエイティブな行動はできません。したがって、すべてが自動化できる訳ではないのです。ですので、未来においても有能な人材の登用が可能な「オンラインアシスタント」は将来性があり、今後も伸びていく産業ということができるのです。この機会にオンラインアシスタントの導入を検討してみませんか。

オンラインアシスタントサービスとはなにか

アメリカやヨーロッパ諸国では「バーチャルアシスタント」と呼ばれるサービスが、20年ほど前から定着しています。また、アメリカでは、バーチャルアシスタントの協会があり、業務の教育やサービスの周知もおこなわれています。そのため、アメリカやヨーロッパ諸国では、これらサービスが広く浸透され、活用率の高いサービスとなっています。日本でも、人手不足やコストをおさえるため「オンラインアシスタント」という呼び名で、そのサービスが急速にひろがってきています。

オンラインアシスタントの役割とは?

オンラインアシスタントとは、インターネットを通して業務を遠隔サポートするサービスのことです。その役割は多岐に渡り、スケジュール管理や移動手段の手配といった秘書業務や、経理や法律などの専門性を必要とする業務、企業の広報において重要な役目を負うSNS運用業務、そのほか主要な業務を進めるうえで必要となる雑務などを幅広く請け負います。 働き方が見直され始めている今、在宅でそうしたサービスを提供するオンラインアシスタントは徐々に注目を浴び始めている分野です。それでは実際にオンラインアシスタントを活用するとどのようなメリット・デメリットがあるのか、またそれらを踏まえた効果的な活用方法を見ていきましょう。

オンラインアシスタントサービスと人材派遣の違いとは?

オンラインアシスタントは別名バーチャルアシスタントと呼ばれ、欧米を中心に普及しているサービスです。日本ではまだまだ聞き慣れない言葉ですが、働き方改革が急務とされる近年、日本でも注目度があがっています。オンラインアシスタントとはどういったサービスなのでしょうか。本記事では人材派遣との違いや導入のメリット・デメリットを中心に、オンラインアシスタントについて解説します。